1dayクラフトレッスン 参加者募集〜^^
2014/06/13 16:30
においと脳
2014/01/26 12:19
2014年!もう半月(> <)
2014/01/14 10:02
2013’ 皆様 御世話になりました
2013/12/24 23:09
『話題のオメガ3などの食用油について』 セミナー
2013/11/30 21:57
講師:ゆうゆ(名村祐子)
大阪府池田市でアロマテラピー自宅教室を開催しています。
  • YHA認定講師
  • EIAJ(国際アロマテラピー学術協会)会員
御存知ですか?メディカルアロマ→

エントリー

ラベンダー!その魅力

  • 2013/08/08 17:03
アロマって何?よくわからないわ。と言う方も『ラベンダーの香り』はきっとご存知の方が多いのではないでしょうか?
 
でも!!
そのラベンダーにもたくさんの種類があるのはご存知ですか?
●ラベンダー アングスティフォリア
これが一般的に『ラベンダー』と言われている香り(効能も含めて)です
 
あとは
●ラベンダー・スーパー
●ラベンダー・グロッソ
●ラベンダー・ルイジェリ
●ラベンダー・スピカ
などなど、それはもうたくさんの種類があるのです。これはケモタイプと言います。
 
何が違うの?
それは、その精油に含まれている成分です。
植物が育つ環境、地域によって成分は必然的に変化します。
それによって香りがもちろん違ってきます。
 
そして成分の違いによって、どんな時に使えばいいのかが違ってきます。
 
例えば、
ラベンダー・アングスティフォリアには
エステル類の酢酸リナリルという成分が40〜50%含まれていますが、
ラベンダー・スピカには
○%と表示するほどでもない、その他に酢酸リナリルが当てはまります。
 
その成分の内容で、火傷にはこれがいい。とか鎮静作用やストレスや不眠症などの神経的な疾患に有効なものはこれ。などの違いがでてきます。
 
そしてここが大事。精油を使う際には注意が必要なのです。
 
自然の精油だから、安心・安全!とは言えないのです。
例えば『漆』
自然のものでもかぶれてしまったりするでしょ?
 
精油がすべてかぶれる可能性があるとはいいませんが、肌に塗布するときには必ずパチテストをする。
とか、妊産婦は使用しない。
小さい子供には1%未満の濃度で使用する。など色んな約束事があります。
 
それを知らずに使ってしまって、アロマっていいって言うけど、全然よくないじゃない!なんて思ってしまい、以後全く使わなくなった・・・なんて私はとっても悲しいのです。
 
だから。
きちんと基礎を勉強して、存分に精油の魅力を知ったうえで、精油を使って欲しい!と私は願ってやみません。
 
まずは、はじめの第1歩。を踏み出してみませんか?
 
難しい事ばかりではありません。だってまずは香りがするでしょ。
何をしようとこの『良い香り』がもれなく付いてくる。
 
なんて素敵!!
 
ラベンダーの魅力にはまると、もっともっと知りたくなる精油の世界。さぁさぁ、みなさん精油の神秘の世界へいらっしゃいませ〜(^^)

 

ページ移動

ユーティリティ

カテゴリー

Feed

Copyright(C)EIAJ:Ecole Internationale d'Aromatherapie au Japan. All rights reserved.